Amazonブラックフライデーセールの詳細はこちら

ITエンジニアが転職を考えたときに資格はあったほうがいい?

こんにちは、かずけんです

この記事では、転職を考えているエンジニアに向けて、次のことについてまとめました

  • エンジニアが転職するときに有利な資格はあるの?
  • そもそも資格はもっていたほうがいいの?

転職の資格の有無について、お悩みの方は参考にしてみてください

エンジニアが転職するときに有利な資格

結論をお答えしますと、転職に有利な資格はないと思って大丈夫です

たくさんの資格を持っている人よりも、実務の中でしっかりとスキルを身につけている方のほうが転職に有利です

資格を持っているアピールよりも、実務経験での成功体験や失敗体験、学んだことをしっかり話できる人のほうがいいです

そのため、資格の取得をがんばるよりも、過去の仕事の中で、経験したことや学んだスキルを深掘りしておくといいです

資格はもっていなくても大丈夫?

あったほうがいいですが、必須ではないです

資格を持っていると、第三者に資格の分野の専門性を客観的にアピールすることができます

自己PRが苦手な方や知識の定着をはかりたい方には、資格の取得はいいかと思います

その際、取得する資格は「実務で使っていた技術に関連する資格」や「国家資格(基本情報技術者試験、応用情報技術者試験など)」あたりを狙うといいです

まとめ

ITエンジニアが転職をするときに有利な資格は特にありません。資格がなくても、転職はできます

むしろ、実務経験での成功体験や失敗体験、学んだことをまとめておいて、しっかりとアピールできるように準備しておきましょう

これから、転職を考えている方は以下の記事にあるエージェントに登録しておくといいです

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

人気記事:ITエンジニアが転職を考えたときに登録しておきたいエージェントのまとめ