海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

Parallels Desktopのアップグレード方法

こんにちは、かずけんです

 

この記事では、Parallels Desktopのアップグレード方法についてまとめました

Parallels DesktopはMacでWindowsを実行できるソフトウェアです

 

Windowsを使用する機会がなく、Parallels Desktopをバージョン12のまま放置していました

この度、Windowsを使用する機会が出てきたので、アップグレードしました

Parallels Desktopのアップグレードを行おうと思っている方は参考にしてみてください

Parallels Desktopのアップグレードの手順

Parallels Desktopのアップグレード手順は以下となります

  1. Parallels Desktopの最新版をインストールして、動作確認する
  2. Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする
  3. ライセンスをアクティベートする

1. Parallels Desktopの最新版をインストールして、動作確認する

こちらのサイトで最新版のParallels Desktopをダウンロードして、インストールします

インストールしたら、Parallels Desktopを起動して、動作確認をします

この時点では、トライアル版で利用できますので、アップグレードのライセンスを購入する前に問題なく動くか確認しておきます

2. Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

起動中のParallels Desktopのメニューを表示して、「アカウント&ライセンス」を選択します

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

「購入」ボタンをクリックします

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

アップグレードとエディションを選択して、「今すぐ購入5,204円」ボタンをクリックします

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

エディションと個人情報を入力して、「次へ」ボタンをクリックします

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

内容を確認して、問題なければ「今すぐ購入する」ボタンをクリックします

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

今回は支払い方法で「PayPal」を選択しているので、PayPalの決済画面が表示されました

問題なければ、「同意して支払う」をクリックします

 

Parallels Desktopのライセンスをアップグレードする

プロダクトキーが表示されるので、コピーしておきます

コピーしたプロダクトキーは、次のステップのアクティベートで使用します

3. ライセンスをアクティベートする

ライセンスをアクティベートする

マイページにアクセスして、「キーを登録」をクリックして、ライセンスキーとサブスクリプション名を入力後、「登録」ボタンをクリックします

 

ライセンスをアクティベートする

ライセンスキーの登録が完了します

 

ライセンスをアクティベートする

Parallels Desktopの「アカウント&ライセンス」を表示すると、利用可能なライセンスが追加されます

追加したライセンスを選択して、「アクティベート」をクリックします

 

ライセンスをアクティベートする

以前のライセンスキーを入力して、「アクティベート」をクリックします

 

ライセンスをアクティベートする

以上でライセンスキーのアクティベートが完了となります

まとめ

この記事では「Parallels Desktopのアップグレード方法」について書きました

Parallels Desktopをアップグレードにお困りの方は参考にしてみてください

お読みいただき、ありがとうございましたっ!