大型セールAmazon prime dayは6/21から

Anker Nano II 45Wレビュー【これ一つで様々なガジェットが充電できる多用途で軽量な充電器】

普段、仕事やプライベートで様々なガジェットを使用しています

  • MacBook Pro 2020
  • MacBook Air 2020
  • iPad mini 4
  • iPhone 12 mini

その中でもストレスだったのが、充電器です

例えば、MacBook ProだとRAVPower RP-PC112を使用し、MacBook Air、iPad mini 4、iPhone 12 miniを充電する場合はRAVPower RP-PC120と、ガジェットによって充電器を使い分けていました

それらを一つにまとめるため、Anker Nano II 45Wを購入しました

MacBook Proで使う場合は純正の充電器のパワーに関してはやや不足していますが、充電するには十分です

Anker Nano II 45Wの概要

Anker Nano II 45Wに製品概要は以下となります

カラーブラック
サイズ約3.5×3.8×4.1cm
重さ約68g
入出力入力:100-240V ~ 1.87A 50-60Hz
出力:5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=2.25A (最大45W)
出力(PPS):
3.3V-16.0V=3.0A / 3.3V-21.0V=2.25A (最大45W)
対応機種iPhone 8 以上の機種他、Galaxy S21やPixel 5など
製品番号A2664N11
Anker Nano Ⅱの製品概要

Anker Nano II 45Wの外観と付属品

Anker Nano II 45Wの外観と付属品
Anker Nano II 45Wの外観と付属品

付属品はなく充電器本体のみです

Anker Nano II 45Wの外観と付属品

電源プラグは折りたたみ式です

使わないときは本体に収納できるので、かばんの中にあるものにキズをつける心配がありません

Anker Nano II 45Wの外観と付属品

使うときだけ電源プラグを出せばOKです

電源プラグの反対側は充電器のメーカーであるAnkerのロゴとUSB-Cケーブルを接続するための接続口があります

充電ケーブルは付随していないので、別途購入する必要があります
おすすめ:krowのUSB-C巻き取り式ケーブルのレビュー【コンパクトでシンプルなデザインで軽い!】

Anker Nano II 45Wの特徴

Anker Nano II 45Wの特徴は以下です

  • コンパクトさ
  • スマートフォンからノートパソコンまで幅広く使用できる
  • Anker独自の安全性の高さ

コンパクトさ

手のひらに収まるコンパクトさ。

サイズは約3.5×3.8×4.1cm、重さは68gで卵1個のサイズ・重さに近いです

MacBook Proの充電器の代用としては十分です

ただ、純正の充電器の出力パワーは61Wで、Anker Nano II 45Wは45Wなので充電スピードはおとりますが、持ち運ぶときの軽さを取るならおすすめです

スマートフォンからノートパソコンまで幅広く使用できる

  • MacBook Pro 2020
  • MacBook Air 2020
  • iPad mini 4
  • iPhone 12 mini

の充電に使えます。他にもUSB-Cに対応したWindows PCやAndroidスマホなど様々な電子機器の充電に使うことができます

Anker独自の安全性の高さ

PSE(電気用品安全法)が定める基準を満たしており、さらに国際的な安全規格であるIEC 62368-1の基準にも沿った製品です

また、Anker社独自の安全性(過電圧保護や電子回路のショート防止、温度管理)が搭載されており、長くしかも安全に利用できるよう配慮されています

余談:充電スピードを計測してみました

充電開始
充電中

MacBook Pro 2020で充電してみたところ、ちゃんと充電されており、25分で18%ほど充電できました。

このレベルで充電してくれれば、実用でも問題ないです

充電直後は本体が暑くなっています。火傷しないようしばらくおいて冷やしてから触るといいです

まとめ

この記事ではAnker Nano II 45Wについてレビューをしました

Anker Nano II 45Wはコンパクトながらも、使用用途が多く利用場面が多いです

仕事やプライベートで使用するガジェットが多く、充電器を多く使っている方は一つにまとめることができるので、おすすめな一品です