海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

メッセージアプリをまとめるには「Franz」がおすすめ

メッセージアプリを多数利用していて1つにまとめたいと思ったことはありますか?

ぼくは、システムエンジニアなのですが、プロジェクトごとにメッセージアプリを使い分けているため、どうにか1箇所で管理できないかと考えていました。

そんな中、「Franz」というアプリに出会い、一元管理できるようになりました。

無料でここまで利用できていいのか?

と思うくらい優秀なアプリですので、騙されたと思って使ってみてください。

Franzとは

Franzとはオーストリアの会社が開発しているメッセージアプリを一元管理できるアプリです。

特徴として、WindowsとMacOS、Linuxで利用することができます。

 

価格

サポートを必要としなければ、基本的には無料で利用することができます。

 

使用できるアプリ

メッセージアプリだと、以下のアプリを使用することができます。

  • ChatWork
  • Messenger
  • Skype
  • Slack
  • WhatsApp

 

メッセージアプリ以外にも以下のアプリを使用することができます。

  • Gmail
  • Google Keep
  • Outlook
  • Trello
  • Pocket
  • Microsoft Teams
  • Github

 

ぼくが使用している設定

基本的にはTrelloとGoogle Keepは常にアクティブ(左側のアイコンに色がついている状態)にしています。その他のアプリは使用するときにアクティブにしています。

 

各アプリごとの設定ですが、通知メッセージの2つの設定は「オフ」、未読件数の通知バッジも「オフ」にしています。

 

通知メッセージの設定をオフにすることで、メッセージを受信しても音がなりません。

リアルタイムで通知を必要とする方は、これらの設定を「オン」にしたほうがいいと思います。

また未読件数の通知バッジをオフにすることで、左側のアイコンに未読メッセージの件数が表示されません。

 

ぼくは自分の作業に集中するため、これらの設定を「オフ」にして、必要なときにメッセージを確認するようにしています。

 

まとめ

Franzを起動しておくだけで、メッセージアプリを複数使用していても、一元管理できてとても便利です。

仕事でメッセージアプリを複数お使いの方、ぜひFranzをお試ししてみてはいかがでしょうか?

Franzのダウンロードはこちら

お読みいただき、ありがとうございましたっ!