Apple製品購入でポイントゲット!詳細はこちら

シンガポールでの移動にはGrab(グラブ)を使うといいですよ!【語学力に自信がなくてもOK】

こんにちは、かずけんです

 

先日、シンガポールに行ったときに、Grab(グラブ)を使って移動をしました

スムーズに目的地をまわることができて便利でしたので、この記事ではGrabの登録から使い方までをまとめました

 

Grab(グラブ)とは

東南アジア(以下利用できる国)で利用できる配車サービスのことで、スマホから送迎車を呼ぶことができます

  • シンガポール
  • カンボジア
  • インドネシア
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • フィリピン
  • タイ
  • ベトナム

 

Grab(グラブ)の使い方

Grabを使うにはまず、アカウントの登録が必要です

登録はFacebookかGoogleアカウントもしくは電話番号で行うことができます

ただし、Facebookアカウントで登録をした場合にも、電話番号で本人確認が行われるので、電話番号の登録が必要です

MEMO

電話番号の登録後、入力した電話番号宛にメッセージ(SMS)が送られてくるので、旅行先でSMSが受信できない場合は日本で登録しておくといいです

 

参考:Grab(グラブ)のアカウント登録手順

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

Grabのアプリをダウンロードして、起動します

 

Grabのアカウント登録手順

電話番号もしくは、Facebook、Googleアカウントのいずれかで登録します

MEMO

以降の手順はFacebookアカウントで行った手順となります

 

Grabのアカウント登録手順

「続ける」をタップします

Grabのアカウント登録手順

電話番号を入力して、「Next」をタップします

 

Grabのアカウント登録手順

入力した電話番号宛に送られてきたSMSにある認証番号(6桁の数字)を入力します

MEMO

下線を引いてある箇所が認証番号です

Grabのアカウント登録手順

 

以上で登録は完了となります

 

Grab(グラブ)を使用した感想

料金があらかじめわかる

Grabでは、行き先とプランを決めることで料金が決まります

特にこだわりがなければ、「Just Grab」で良いです

Just Grabはピックアップの場所から一番近くで空いている車もしくはタクシーを利用できるプランで一番安いです

MEMO

シンガポール旅行中に5回乗車したところ、最後に乗ったときだけタクシーで、あとは乗用車でした

支払いでクレジットカードが利用できる

初回の乗車時にクレジットカードを登録しておけば、二回目以降は登録したクレジットカードを支払いで利用できます

人気記事:楽天カードのおすすめポイントは3つ!【特に旅行好きは持っておくべし】

 

MEMO

予約の前に支払い方法がCASHでないことを確認してください!

 

事前予約ができる

あらかじめ、乗車する時間が決まっている場合、事前の送迎の予約を行うことができます

最終日の空港までの送迎で使用しました

早朝にもかかわらず、問題なく利用できました

 

英語力がなくても、OK

ドライバーは基本的に現地の人になるので、日本語は通じません

乗車の際に自分の名前か行き先のどちらかを英語で確認されたので、その2つが聞き取れればOKでした

特に雑談はなく、静かに目的地まで乗せてもらいました

 

まとめ

この記事では「シンガポールでの移動にGrab(グラブ)を使ったら良かった点」についてまとめました

シンガポールで移動する手段の一つとして、ぜひ使用してみてください

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ