Apple製品購入でお得にポイントゲット!

【レビュー】Spigenのスマホケースを使ってみました

こんにちは、かずけんです。

Spigenのスマートフォンケースを購入したので、ご紹介します。

この記事で紹介する商品

パッケージ

iPhone 8だけでなく、iPhone 7でも使用することができます。

 

背面には、簡単な説明とスタンド利用時の様子が書かれています。

 

前面の黒い部分を上に引っ張るとパッケージを開封することができます。

パッケージからケースを取り出すと、袋に入っていました。

MEMO

カラーはブラック、ガンメタル、サテン・シルバー、シャンパン・ゴールド、ローズ・ゴールドがあります。

お好みのカラーを選んでみてください。

スマホケース

ケースのサイズは以下の通りです。

  • 幅:7.33cm
  • 高さ:14.45cm
  • 奥行き:1.1cm

 

ケースの素材は、二層構造となっており、使用されている素材は以下のものとなります。

  • インナーケース:プレミアムTPU素材を使用
  • 背面パネル:硬質ポリカーボネート素材
MEMO

TPU素材は、ゴムのように柔らかい素材で傷つきにくく、衝撃に強い素材です。

また、ポリカーボネート素材は、プラスチック製で耐熱性と柔軟性を持ち合わせた素材です。

注意

ブラックはインナーケースと背面パネルは同じ色ですが、他のカラーは異なる色のツートンカラーとなっています。

ツートンカラーを希望の方は、ブラック以外を選ぶといいです。

キックスタンド付きなので、立てて使用することができます。

動画の視聴に便利ですね。

 

ケースを薄くするためか、キックスタンドはシンプルな作りとなっています。

ちょっと力を入れると外れてしまいそうです。

キックスタンドを使用したときのスマホの角度はおよそ、60〜70度となります。

残念ながら、角度の調整を行うことはできません。

 

カメラ部分とAppleのリンゴマーク部分は本体が見えるようになっています。

MEMO

ケースのコーナー内側は落下時の衝撃を効率よく吸収するようになってします。

さっそくiPhoneにケースを装着してみた

ケースが頑丈にできているので、取り付けには力が必要となります。

説明書にある順番(左上→右上→左下→右下の順)でないと、ケースの装着ができないです。

一度装着すると、ケースを外すのに一苦労です。

その分、しっかりとケースが密着しています。

 

背面はカメラのレンズとAppleのリンゴマーク部分が見えるようになっています。

 

右側の電源ボタンはケースでしっかりと守られている反面、ボタンがやや固めです。

 

同様に左側の音量部分もケースでしっかりとガードされています。

こちらも電源ボタンと同様に固めとなっています。

音量を調整するボタンはケースの厚みで調整しずらくなっています。

まとめ

以下記事のワイヤレス充電器を使用していますが、ケースをつけたままでも問題なく充電できています。

Anker PowerPort Wireless 5 Standのレビュー【ワイヤレス充電の入門におすすめ】

ボタンがやや固めであること、ケースの着脱に一苦労しますが、しっかりとした作りのケースなので、落としてもiPhoneを守ってくれる安心できるケースです。

iPhone7/8用のケースをお探しの方は参考にしてみてください。

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

ちなみに、iPhone Xサイズのケースもあるので、参考にしてみてください。