海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

Spotifyのデータ使用量を節約する方法【一つの操作でOK】

こんにちは、かずけんです。

最近、Spotifyを使い始めました。作業中のBGMで大活躍しています。

 

しかしながら、作業中にずっと聞いていると気になるのが、データ使用量です。

そこで、この記事ではSpotifyでデータ使用量を抑える設定方法についてご紹介します。

すぐにできる設定なので、参考にしてみてください。

ちなみに設定は「iPhone版のSpotify」で行っています。

データ使用量を抑える方法

「データ節約モード」というのがあるので、「On」にするだけです。

 

「設定ボタン」(歯車)をタップします。

 

「データ節約モード」をタップします。

 

「Off」となっているのを「On」にします。

 

以上で、データ使用量を抑える設定が完了となります。

 

データ節約モードの注意点

Spotifyの「データ節約モード」は音質を「低音質」にすることで実現しています。

そのため「データ節約モード」を「On」にした状態だと、音質を変更することができません。

 

上記の画面は設定画面の「音質」をタップすると表示されますが、「低音質」が選択された状態で、変更できなくなっています。

そのため、Wi-Fi環境ではデータ使用量を気にせずに、いい音質で聞きたいけど、Wi-Fiが使えないときはデータ使用量を抑えたい場合は以下の設定を行うといいです。

  • 「データ節約モード」を「Off」にする
  • 「音質」の設定を、Wi-Fiが使えないときは「低音質」、Wi-Fiが使えるときは「標準音質もしくは高音質」にするといいです。ちなみに「最高音質」はSpotify Preminumを申し込む必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

最後にまとめますと、

  • Wi-Fiあり・なし関係なくデータ使用量を抑えたい、もしくはSpotifyを利用するたびに音質を変更したくない場合は、「データ節約モード」を「On」にするといいいです。
  • Wi-Fi環境ではいい音を聞きたい!Wi-Fiが使えないときはデータ使用量を抑えたい場合は「音質」の設定を都度変更してみてください。

データ使用量を節約しながら、楽しいSpotifyライフを送ってください!

お読みいただき、ありがとうございましたっ!