海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

シンプルなMarkdownエディター「Typora」を紹介します

どうもかずけんです。

ぼくは普段、Macbook Proで仕事やブログを執筆しています。

仕事での議事録やブログ用のネタを書くときに適したシンプルなMarkdownエディターを探していました。

そんな中、Typoraというアプリが、無料かつ、シンプルで使いやすかったのでご紹介します。

使用1週間ほどのレビューとなります。

Markdownエディターをお探しの方は参考にしてみてください。

良いところ

シンプル

文字入力に専念できるデザインに惚れました。

後述しますが、テーマをカスタマイズすることも可能です。

 

書いたら、すぐにMarkdown形式でプレビューされる

Markdownで記述して、文字入力後すぐにプレビューしてくれるのはすごく助かります。

 

入力文字数が表示される

「設定」の「一般」にある「常に単語数を表示」をチェックすることで、下記のように右上に文字数が表示されます。

ちなみにMarkdown記法に必要な文字はカウントされていないようでした。

 

起動が早い

完全に主観ですが、1秒待たずにアプリが起動します。

 

テーマでカスタマイズできる

ぼくはデフォルトの状態が好きなので、テーマのカスタマイズはしていません。

いろいろ種類があって自分好みのテーマでカスタマイズするのもいいかもしれないです。

 

Mac、Windows、Linuxに対応している

主要なOSに対応しているのもいいですね。

 

メモの流用ができる

特殊な記述がないので、最悪Typoraを使用しなくなっても、過去に残したメモは他のアプリで流用できます。

 

まとめ

ぼくは引き続き、このアプリを利用していこうと思います。

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

ぜひ、使用してみてくださいね。

Typora