海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

カルディの「ビビンバの素」でビビンバを作って食べてみた

こんにちは、かずけんです。

自宅で簡単にビビンバを作ることができるカルディの「ビビンバの素」を購入しました。

実際に作ってみたので、ご紹介します。

「野菜ビビンバの具」をご飯に混ぜあわせた後、「旨辛コチュジャンだれ」を混ぜれば出来あがりです。

パッケージ

価格は¥270(税込み)です。

作り方

この「ビビンバの素」はビビンバとしての作り方石焼風ビビンバとしての作り方の2種類の作り方があります。

ビビンバの作り方

  1. 「野菜ビビンバの具」の汁気をきっておきます。
  2. どんぶりなど大きめの器にご飯をよそい、1の具と「旨辛コチュジャンだれ」をかけ、混ぜ合わせて出来あがりです。

石焼風ビビンバの作り方

  1. 熱したフライパンにごま油又はサラダ油(大さじ1程度)をひき、ごはんと汁気をきった「野菜ビビンバの具」を入れ、混ぜ合わせながら、1分程度炒めます。
  2. そこに「旨辛コチュジャンだれ」を加えてさらに混ぜ合わせ、お好みで焼きつけて出来あがりです。

この記事では、石焼風ビビンバでの作り方で作ったビビンバをご紹介しています。

栄養成分

1袋(具:200g、たれ:42.8g)あたりの栄養成分は以下の通り。

エネルギー:321kcal

タンパク質:13.8g

脂質:11.6g

炭水化物:40.4g

食塩相当量:9.1g

出来上がりはこちら

石焼風ビビンバの作り方で作り、家にあったキムチをトッピングしました。

食べた感想

「旨辛コチュジャンだれ」をすべて入れても、甘く、少し酸味が効いてて食べやすかったです。

美味しいです!

まとめ

辛くはなく、甘さが旨味を引き出している味のビビンバです。

辛さ控えめのため、幅広い年代の方が美味しく食べられるかと思います。

もっと辛いほうがいい方はキムチやコチュジャンを追加して、自分好みの辛さに調整してみてはいかがでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございましたっ!