海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

Slackの@(アットマーク)を使用したときの通知のまとめ

こんにちは、かずけんです。

Slackでメッセージを通知したいとき、メッセージの中に「@〜」を設定するかと思います。

この「@〜」の部分はメンションと言います。

 

メンションの指定の仕方によって、メッセージの通知のされ方が変わってきます。

この記事ではSlackで使用できるメンションの種類と通知のされ方について、まとめてみました。

メッセージを送信する際の参考にしてみてください。

@の種類と通知のされ方

@表示名

メッセージを送信したチャンネルで、表示名のユーザーに対して通知をしたいときに使用します。

 

@here

メッセージを送信したチャンネルで、アクティブなメンバー全員に対して通知をしたいときに使用します。

 

@channel

メッセージを送信したチャンネルで、アクティブか非アクティブか関係なく全メンバー全員に対して通知をしたいときに使用します。

※@hereと違うのは、メンバーがアクティブか否かに関係なく通知されます。

 

@everyone

#generalのメンバー全員に対して通知をしたいときに使用します。

 

まとめ

@hereと@channelは微妙な違いですが、迷った場合はとりあえず「@channel」のメンションでメッセージを送るといいかと思います。

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

Slackで使用できるメッセージ書式設定のまとめ Slackのスラッシュコマンドの使い方 Slackを日本語化する方法【簡単です】 Slackでメッセージを引用する方法【2つご紹介します】 Slackで送信したメッセージを削除する方法