海外に行く前に作っておきたいおすすめのクレジットカード

カルディの「タッカルビの素」でチーズタッカルビを作って食べてみた

こんにちは、かずけんです。

最近では、韓国料理が専門でない飲食店でもチーズタッカルビを見かけることが多くなってきました。

 

初めてチーズタッカルビを食べたのは和食系の居酒屋でした。

そもそも、チーズタッカルビは、コチュジャンなどの調味料で鶏肉や野菜を炒めたタッカルビという韓国料理に日本でチーズを載せたことがきっかけで生まれました。

普段韓国料理を食べない家庭だと、コチュジャンはないかと思います。(ぼくの家がまさにそうです。)

 

そこでカルディで簡単にタッカルビを作ることができる素を見つけたのでご紹介します。

この素で完成したタッカルビにチーズをトッピングでして、チーズタッカルビにしてみます。

※チーズは付属していないので、チーズタッカルビにする場合は、別途チーズの用意が必要です。

カルディ「タッカルビの素」のパッケージ

¥183(税込み)です。

この袋の中に2回分の素が入っています。1回分は2〜3人前です。

カルディ「タッカルビの素」の作り方

必要な材料(1回分)

鶏肉(100g)、玉ねぎ(50g)、キャベツ(1/4玉)、お好みで、さつまいもやにんじんなど

作り方

①一口大に切った鶏肉とスライスした玉ねぎをビニール袋に入れた後、タッカルビの素を入れて揉み込みます。

②キャベツをざく切りにします。

③フライパンに油を引き、①と②を炒めます。

③まででタッカルビは完成です。

チーズタッカルビにする場合は③のあと、チーズを載せて、フタをして蒸らします。

カルディ「タッカルビの素」の栄養成分

1袋(50g)あたりの栄養成分は以下の通り。(パッケージから抜粋)

エネルギー:121kcal

タンパク質:2.5g

脂質:1.5g

炭水化物:21.8g

食塩相当量:2.8g

カルディ「タッカルビの素」で調理した様子

26cmのフライパンで作りました。

今回は2回分の分量で作っています。

1回で2〜3人前と記載がありますが、他にメインの料理があった上での分量のような感じがしました。

タッカルビをメインにする場合は2回分の分量でも十分2〜3人で食べきることができます。

カルディ「タッカルビの素」の食べた感想

若干辛く感じるものの辛さと甘さのバランスがよく、あっという間に完食しました。

辛党の方は物足りないかもしれないです。ぼくはちょうど良かったです。

まとめ

この素と鶏肉、玉ねぎ、キャベツで家庭で簡単にタッカルビを楽しむことができて、しかも美味しいです。

辛さ控えめなので、年代関係なく食べられるかと思います。

お読みいただき、ありがとうございましたっ!

カルディの塩レモンパスタソースで作ったパスタが美味しかった!【サバ缶を追加してアレンジした】 カルディの「チリソース醤」で鶏チリを作って食べてみた カルディの「ご飯に混ぜるだけパエリア イカスミ」でパエリアを作って食べてみた カルディの「プルコギの素」でプルコギを作って食べてみた カルディの「ご飯に混ぜるだけパエリア 魚介サフラン」でパエリアを作って食べてみた カルディの「和ペペロンチーノソース山椒風味」でパスタを作って食べてみた カルディの「和ペペロンチーノソース柚子胡椒風味」でパスタを作って食べてみた カルディの「ビビンバの素」でビビンバを作って食べてみた カルディの「混ぜるだけベトナム風チャーハン」でコムチンを作って食べてみた カルディの「レモン唐揚げの素」で唐揚げを作って食べてみた カルディの「ジャンバラヤの素」でジャンバラヤを作って食べてみた カルディの「ガーリックシュリンプの素」でガーリックシュリンプを作って食べてみた カルディの「カニの冷たいパスタソース」でパスタを作って食べてみた カルディの「ウニの冷たいパスタソース」でパスタを作って食べてみた